はみだしコランタン digital*

漫画「コランタン号の航海」シリーズの公式ブログです。
山田睦月・大木えりかの二人で運営しています。
「アホウドリの庭」第四回目
「コランタン号の航海」アフリカ篇、連載第4回目が新書館Webウィングスにアップされてます。

今回、ぐっとファンタジーらしい展開になりました。アフリカといえば妖術ですよ。ふふふ。
妖術って、あまり馴染みのない単語ですが、要するに人を害するような呪いのことです。身の回りの不幸はすべて妖術師の所為っていうとまるで被害妄想のようですが・・・。



アザンデ人の世界―妖術・託宣・呪術 アザンデ人の世界―妖術・託宣・呪術


E.E. エヴァンズ=プリチャード


みすず書房


この本の中に、面白い話が出てきます。(とっても分厚い上にお高いので、お勧めはしませんが・・・)
アザンデという土地はとても暑いので、人々は穀物貯蔵小屋の陰で涼んだり、おしゃべりしたり、仕事したりするんだそうです。でも、古くなった小屋が倒壊することもよくある。なぜなら、小屋の支柱がシロアリに食われていくからです。当然、小屋の陰にいる人は怪我をするわけなんですが、アザンデの人々はこれを「妖術師のせい」だと言うとか。
……シロアリのせいですよね? 小屋の陰に座るのも、自分の選択だし。

でも、アザンデの人々はそういう仕組みを理解してないわけじゃないんだそうです。
確かに、穀物貯蔵小屋が壊れるのはシロアリの所為だけど、じゃあなんでわざわざ自分がその小屋の陰に座っているその場所・その瞬間に、小屋が倒壊しなくちゃいけなかったんだろう。1時間前でも、1時間後でも良かったはずなのに。
二つの出来事が偶然時間と空間を同じくして起こったのは、妖術の作用である。これが、アザンデ人の哲学なんだとか。

説明を聞いてみると、彼らも迷信に振り回されているわけじゃないって思えます。これはこれで、一理ありますよね。
さてさて、クリオの人々の妖術はどうなのか。続きをお楽しみに〜。

| 大木えりか | お知らせ | 18:38 | comments(2) | trackbacks(0) |
毎月楽しみに拝見しております(^^)。

『アザンデ人の世界』。やっぱりこれでしたか。
シコクビエとか夜の「鳥」(←ヒエなんか食べるん
ですねぇ)、(毒)託宣(ナゼに鶏?)、妖術師とか。
あぁ〜なんか懐かしいなと思って、引っ張り出して
読んでいたところですw。

個人的にはウィタード中尉の過去に興味津々なので(笑)、
普段人当たりの良い彼が、今回えらくシニカルな反応を
示す理由を、あれやこれやと妄想しております。

5回目も楽しみにしております!!
| マメゾウ | 2011/11/06 1:03 AM |
『アザンデ人の世界』、お持ちでしたか〜。面白い本ですよね。超豊富な記述で。
漫画ではアザンデ以外からも色々ミックスしているので、ちょっと違う部分も多いかと思いますが。

ウィタード中尉については…ふふ、いずれ彼の謎の一端が明らかになると思います。お楽しみに〜。
| 大木 | 2011/11/12 4:45 PM |









http://andante.largo.oops.jp/trackback/1418535

   page. 

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ CATEGORIES
+ RECENT COMMENTS
+ ARCHIVES
+ PROFILE
+ LINKS
+ RECOMMEND
+ RECOMMEND
+ RECOMMEND