はみだしコランタン digital*

漫画「コランタン号の航海」シリーズの公式ブログです。
山田睦月・大木えりかの二人で運営しています。
リトルワールドに行ってきました
というわけで、山田と大木の二人で、みんぱくに引き続き愛知県の野外ミュージアム「リトルワールド」へ行ってきました!
いやあ・・・楽しかったけど、想像以上に広かったです。経験者から「まっすぐわき目を振らずにアフリカセクションまで行くように」と忠告されていなかったら、辿りつけずに日が暮れていたかも。
リトルワールドの野外展示エリアには、アフリカ大陸から3つの建物が移築されています。それぞれ、タンザニア、南アフリカ共和国、ブルキナファソのものなんですが。

相談の末、今回のコランタン・アフリカ編ではブルキナファソのカッセーナという人々の家を参考にさせていただくことに決定! こんなです↓

カッセーナの家

なんかね、迷路みたいになってて面白いんです。
基本的に丸い建物が女性の暮らす家、四角い建物が男性の暮らす家で、一夫多妻制なんだとか。あと、サバンナの熱気を遮って涼しく暮らすために、半地下になっています。
同じ西アフリカとはいえ、コランタンの舞台になる現在のシエラレオネとブルキナファソは気候も違いますし、一夫多妻にもしないつもりなんですが・・・まあ、絵的な部分を重視するということで。


ニャキュウサの家

こちらは、タンザニアのニャキュウサの人々が住んでいる竹の家(!)。年間2500ミリも雨が降るという土地柄を反映してますね。室内の感じはこちらも参考にできるといいかな、と思ってます。


ンデベレの家

南アの高地に暮らすンデベレの人々の家。色鮮やか! 19世紀にはあり得ないのが残念なくらい・・・。
ちなみに、現地の人っぽいのが写りこんでいますが、セネガルの民族衣装を着た大木です(笑)。


本当のンデベレの衣装はもっと華やか。こんなです。(モデルは山田さん)

ンデベレの衣装

ンデベレ民族衣装2

ビーズの飾りをたくさん着けた上に、鮮やかな毛布を羽織ります。高地だから夜は寒いんだって。
アフリカというと赤道地帯(=超暑い)のイメージが強いと思うんですが、何しろ広大な土地ですから、気候も風土も様々のようです。



ラクダ

サファリプラザでちょっと休憩withラクダの串焼き。他にもワニとダチョウの串焼きがあります。まあ一番現地で食べてそうなのはラクダであろうという推測の元に、ラクダをチョイス。予想通り、ちょっと臭みがありました。実際には、ヤギや羊なんかを食べることの方が多いと思いますが、それだとエキゾチック気分が足りないんでしょうね。
うーん、ほんとはウガリ(アフリカ東部・南部で食べられている、もちもちっとした主食らしい)とか、インジェラ(エチオピアのクレープ)とか、ピーナッツや料理用バナナを使ったメニューなんかも食べてみたかったです。連載が終わるまでには挑戦してみたいところ。

***


色々と勉強してみましたが、やはり馴染みのない土地なので、いまだに実感をつかめない部分も多いです。しかも、アフリカと一口に言っても、気候も風俗習慣も様々で。
でも、リトルワールドで民族衣装を着たり、食べたことのないものを味見してみるのは、それだけで楽しかったです。ストーリーテリングっていうのもその延長線上で、行ったことのない土地の気分を味わわせてくれることもお話の醍醐味なんではないでしょうか。
楽しかったこと、素敵だと思ったことを、コランタンを通じて少しでもご紹介できたらいいな、と思っています。


ちなみに大木が楽しみにしているのは、今回メインで登場する現地の美青年の造形です(笑)。
色々な写真を見たんですけれども、かの大陸には時々信じられないほど美しい人がいるんですよね・・・。少女漫画にもなかなか登場しないような睫毛ばさばさのマサイ族の若者を本で見たので、山田さんに資料としてお渡ししました。どんな風になるのかなあ。楽しみ、楽しみ!

| 大木えりか | - | 23:13 | comments(3) | trackbacks(0) |
リトルワールドのある県に住んでいるので、以前のブログもそうでしたが、話題に上ると嬉しいです。
身近なあの景色が、作品の資料になるのかと思うと、なんだかドキドキします。
余談ですが、私はワニを食べたことがありますが、鶏肉みたいでクセはなかったですよ。
今度行ったら、ラクダに挑戦してみたいです。
お話、とても楽しみにしています♪
| かのん | 2011/06/20 10:53 PM |
リトルワールドの県で生まれました…関係者、多いですね(笑)
私もラクダは食べた事ないですが、ワニとダチョウは食べた事あります。(アザラシもクマも地ネズミも・苦笑)

迷路のような家々、まつ毛バサバサの美青年、楽しみですv
ンデベレの衣装はドクターが似合いそうですねvホレイシアも活躍してくれると嬉しいなあ…ああっ、来月が待ち遠しいです〜〜!!
| げろりん | 2011/06/22 12:00 AM |
かのんさん、げろりんさん>
ご近所という方が結構いらっしゃるのですね!やっぱり地元では愛されている施設なんだなあ・・・。

ラクダは・・・正直言って、あまり美味しいものではなかったです。ワニやダチョウはたまに普通のお店で見かけるくらいですから、食べやすいんでしょうね。
多少の覚悟の上、ご挑戦ください。

ドクターにンデベレの衣装、それは似合いそうですね! 今回、南アフリカ方面まで足を延ばす機会がないのが残念です・・・。

連載開始に向けて、山田さんは今、鋭意作業中だと思われます。私もとっても楽しみ&待ち遠しいです!
| 大木 | 2011/06/28 12:36 PM |









トラックバック機能は終了しました。

   page. 

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ CATEGORIES
+ RECENT COMMENTS
+ ARCHIVES
+ PROFILE
+ LINKS
+ RECOMMEND
+ RECOMMEND
+ RECOMMEND